お電話でのお問い合わせはこちらからどうぞ

マイナスの相続財産の遺産分割はできるのか

プラスの相続財産である、不動産・預貯金・現金などはどのような方法で分けるかは別にして、相続人の遺産分割協議によってそれぞれに分けることができます。

それではマイナスの相続財産である、借金などの負債についてはどうでしょうか。

プラス・マイナス両方の相続財産が存在する場合、たくさんプラスの財産を受け取る相続人がいる場合、その相続人がマイナスの相続財産もたくさん引受けるのが公平であるようにも思えますし、また相続人中からそのような主張が出ることも考えられます。

結論から言えば、負債を遺産分割して特定の相続人だけが負債を負うようにすることはできません。
被相続人のマイナスの財産である負債は、相続開始と同時に共同相続人にその相続分に応じて当然分割承継され、遺産分割によって分配されるものではないのです。

これはちょっと想像すればすぐに理解できるところです。
例えば誰かにお金を貸して、その方が亡くなったとしましょう。
その方には資産のある相続人と資産といえるものは何も持っていない相続人がいて、資産のない相続人だけがその借金を負います、となったらどうでしょうか。
資産が何もなければ強制執行もできませんし、借金については泣き寝入りするしかなくなってしまいます。

つまりマイナスの相続財産を遺産分割できるとすると債権者が困るので、分割することができないのです。
ただし、これは裏を返せば債権者が同意すれば特定の相続人のみが負債を負うことにできる、ということです。

わかりやすい例をあげると不動産を長男が相続し、その住宅ローンの相続をどうするか、などでしょうか。
ローンの名義人であった人が生命保険付のローンなどに入っていた場合などを除いて(この場合は名義人死亡でローンは保険から支払われて消滅します)、住宅ローンは相続人に引き継がれることになりますが、不動産を取得しないほかの相続人が住宅ローンだけ分割して相続するのは不公平ですので、不動産を相続した長男だけが住宅ローンを相続するように遺産分割を行うことが考えられます。
この場合、住宅ローンの債権者である銀行の承諾があれば、そのような決定も有効となります。

また、債権者の承諾のない負債の分割は債権者には主張できないのですが、決定した当事者同士では有効ですので注意してください。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

コメント

  1. […] の譲渡を利用するに当たっては注意しておくことがあります。 1つ目はマイナスの相続財産の遺産分割はできるのかに書いたことと似たようなことですが、相続分の譲渡を行った場合で […]