今年最初のグランドスラム

今年最初のグランドスラム

今年最初のグランドスラムである全豪オープンもいよいよ大詰め。
全豪にしてはやや波乱少なめな感じのする今回。

その中で数少ない感じの波乱を起こしてくれたのがウクライナのドルゴポロフ。
ソダーリン戦は相手の調子イマイチとはいえ見事な戦いぶり。テニスそのものもかなり魅力的なものだった。

ランキングはそれほど高くないが、まだ22歳。これから伸びてくれたら楽しみだ。
願わくば、全豪だけで終わったりしないでおくれ・・・。

さて錦織であるが、開始前の腹痛(?)の噂もなんのその、3回戦まで進出した。
これでランキングも70位前後まで上昇、多くの大会でストレートインできるようにもなり、年内の50位以内というとりあえずの目標にもだいぶ近づいた。

今回は現状での実力の高さとともに壁・課題といえるものもハッキリした大会だった。
今のままでも50位以内に入ることや松岡の記録を抜くのは時間の問題だが、30位、20位と上げていくには今のままでは厳しい・・・とみんなの目に映る大会だったと思う。

とはいえ1年余りを棒に振り、それをここまで持ってきた。
この大会を糧に、もう一段成長した姿をそのうち見せてくれるのではないかと思っている。

タグ

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。

コメントを投稿する




»
«