お電話でのお問い合わせはこちらからどうぞ

先の相続、後の相続

当事務所では京都を中心に相続・遺言関係の手続きの相談を受けますが、結構多いのが実は相続自体は2次・3次と起きているのに全てがごっちゃになった状態で相談してこられるケースです。

「父が亡くなったんですけど、弟の嫁にも手続きさせないといけませんよね?」といったような相談が来たりします。
話が見えないので詳しく伺うと、どうやらお父さんが先に亡くなり、その後に弟さんが亡くなったというケースでした。

つまり、2つの相続の手続きについて話が混乱してしまっていたのです。
確かにお父さんの相続のあとに弟さんが亡くなっているので、弟さんの相続手続きはお父さんの相続手続きについて反映されたものになることが考えられます。

しかし2つの手続きは基本的に別のものであり、2つの手続きを同時に「進める」ことはあるでしょうが、「いっしょに」なるのとは違います。
このケースで言うと弟さんの奥さんは、お父さんの遺産分割協議に相続人であった弟さんの相続人として(ちょっとややこしくて申し訳ありませんが)参加することになるでしょうが、それは弟さん自身の相続手続とは別のことなのです。
弟さんの奥さんがお父さんの相続人になったわけではないのです。

とはいえ、慣れていない方にはそうなってしまうのもやむを得ないことなのだと思います。
相続関係についてこんがらがってきたら、一度整理して考えてみることをおすすめします。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

コメント