お電話でのお問い合わせはこちらからどうぞ

同時死亡と相続

この仕事に関わっているとよくあることですが、相続は立て続けに起きることがあります。
お父さんが亡くなり、続けてお母さんや兄弟姉妹が亡くなるようなケースです。

このように、どのような順番で相続が起きたか明白な場合はその順の通りに相続手続をすすめていくのですが、ときどき亡くなった順番がわからないようなケースがあります。
交通事故などで被相続人と推定相続人であった人が共に亡くなったようなケースです。

このような場合どうなるかというと、同時に死亡したものと推定されます(あくまでも推定されるです。証拠で覆すことができます)。

実際のところ、相続がどういう順番で起きたのかはとても重要なのです。
順番が違えば誰が誰を相続するのかが、まったく違うものになってしまうからです。
そういう理由でこの『同時死亡の推定』はとても重要なものなのです。

この『同時死亡の推定』が適用されると、同時に死亡した人はお互いがお互いを相続しないことになります。
具体的にどのような結果になるのかというと、例えば父と息子が交通事故で共に亡くなったような場合、父の相続で息子は相続せず、息子に子つまり父から見て孫がいる場合は孫が代襲相続することになります。
同様に息子の相続では父は相続人とはなりません。仮に息子に配偶者がいるが、子はいないような場合は、相続人は配偶者のみとなり、父は相続人とはならないのです。

このような規定が設けられたのは、相続の順番によって相続人が大きく変わることになってしまうため、相続の前後がわからないと紛争の元になり、困ったことになってしまうためです。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

コメント