お電話でのお問い合わせはこちらからどうぞ

昨日は扇風機、今日はストーブ

いや冗談ではなく、最近(というか今年ずっと)本当に毎日の気温の差が極端だ。

先月の31日は、毎年恒例の上京まつりに京都府行政書士会第4支部のメンバーとして参加したが、10月の終わりだというのに異様に暑く、お客さんも参加していた皆さんも半袖などの服装の人が目立っていた。

この日の夜は京都府行政書士会のソフトボール部の祝勝会があって(この日は各団体対抗のソフトボール大会があった)、僕も終わりがけにちょっとだけ顔を出した。

ここでも何人かは半袖で、2次会のカラオケでは冷房までかけていたり・・・と、まさに9月上旬のような日だった。
扇風機も各所で活躍していたことだろう。

しかし今週に入ってからは、うってかわってまるで11月下旬から12月上旬のような寒さに変わった。
早いうちに出しておいた小さなストーブが、この上なくありがたく思えた。

幸い、早いうちに衣類の入れ替えをしておいたので寒い思いはしなくてすんではいるが、こんなに極端に気温が変化すると、体調を崩す人が多くでそうだ(うちの姉もちょっと体調を崩し気味)。

僕には実際のところ地球温暖化などが(単純な気温上昇や南極の氷が融けていることなどはともかく)どんな風に気候全体に影響してきているのかはわからない。

ただ、こんなに1年を通して気温の上下が激しいのを経験した覚えはないので、やっぱり何か変だとは思うのだ。だからといって僕にできることは特に無いのだけど。
できるだけ環境負荷の少ない生活は心がけているつもりです。一応。

ちなみに僕は暑いのと寒いのとでは寒い方が好きである。寒い方が夜、寝やすいから。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

コメント