お電話でのお問い合わせはこちらからどうぞ

相変わらずYahooは不可解

うちのHPは実に70%くらいがGoogleからくる訪問者である。
Yahooからくる訪問者はGoogleの4分の1程度に過ぎない。

理由は簡単。うちのHPはGoogleではまあそれなりに分相応程度には評価してもらえているのだが、Yahooにはほとんど評価されず、むしろなぜかペナルティをずっと受けている。
いわゆるTDPというものである。

TDPというのは本来サイトの中で最も価値が高いはずのTOP PAGEがペナルティを受け、他のサブのページよりも価値が低い状態になっていることである。

最も価値が高いはずのページの価値が下がっているため、ほとんどのキーワードの検索で圏外の状態になってしまっているのである。

このTDPが困るのはその原因がよくわからないことである。
原因がわかれば対処できるが、原因がわからなければ対処しようが無い。
実際のところ、HPに詳しい人がうちのHPのHTMLをみればすぐにわかることなのだが、うちのHPにはペナルティの原因となるようないわゆる『検索エンジンスパム』といわれるようなものは一切無い。なのにずっとペナルティを受けているのである。

先月の初め頃、より不可解なYahooの反応があった。
一時的に(3日ぐらい)TDPが緩和されたような状況(サイトのトップがYahooに復帰していた)になっていたのだが、そのすぐあとに(何もしていないのに)TDPが前よりひどいことに(トップもindex.htmlも検索から消えた)なってしまった。
以降ずっとその状態のままである。

当然のようにYahooから来る人は余計に減少し、今ではほとんどYahoo経由でうちのHPに来る人はいない。完全にGoogle頼みの状況である。

しかも原因は相変わらず不明なので、どう対処すればいいのか全くわからない状況だ。
一応ネットで調べて(もちろんGoogleでね)H1タグをいじってみたりしてみたが、効果が現れた様子は今のところ無い。

はてさてこのYahooの不可解さをいったいどうしたものか・・・。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

コメント

  1. kaz より:

    Yahooで「Yahoo TDP ひどい」で検索したら勝見さんのサイトに来ました^^
    ホント不可解ですよね

  2. admin より:

    kazさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
    Yahoo のTDPを受けているサイトにYahoo経由で「Yahoo TDP ひどい」のキーワードでこられるとはなんとも皮肉な・・・という感じですね。

    実際のところ今でも頭の痛い問題ではあります。

    某サイトに「Yahooはまともなサイトを検索から締め出し、そういったサイトには広告を出させるようにしむけて、広告収入のアップを狙っている」みたいなことが書かれていましたが、さすがにそれは考えすぎだろうとは思いますけどね。