お電話でのお問い合わせはこちらからどうぞ

相続放棄と生命保険

相続放棄をすると最初から相続人でなかったことになり、相続権を失いますが、被相続人の加入していた生命保険金についてはどうでしょうか。

これは相続と生命保険にでついてのページで述べていますが、保険契約の内容により結果が異なってくる事になります。
ただし、原則として『受け取ることができる』と考えていただけば良いでしょう。

基本的には相続と生命保険にでついてのおさらいになりますが、生命保険金の受取人が誰になっているかがポイントになります。

受取人が被相続人となっている場合は保険金は相続財産になりますから、相続放棄をした相続人は受け取ることができません。

これに対し、受取人に被相続人以外の人物が(今回についてはいずれかの相続人)指定されていた場合は、保険金を受け取る権利は当初から生命保険契約に基づいて定められた受取人の固有の権利ということになりますので、相続とは関係がなく、相続放棄をした相続人も保険金を受け取ることができます。

なお、受取人が『相続人』と指定されている場合ですが、この場合も相続ではありませんので相続放棄をしている相続人も、生命保険金を受け取ることができます。
受取人が『相続人』であるので相続になるのでは・・・と考える方も居られると思いますが、ただ単に受取人の記載方法がそうなっているだけだと考えていただけば良いのではないかと思います。

ただし生命保険金については相続税の『みなし相続財産』についてくれぐれもご注意を。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

コメント