お電話でのお問い合わせはこちらからどうぞ

胎児と相続・遺産分割

胎児と相続

本編の方で触れられなかった胎児と相続・遺産分割について説明したいと思います。

民法第886条1項は『胎児は、相続については、既に生まれたものとみなす』と定めています。
これは、相続については胎児に権利を認めている規定、と考えてもらえばいいです。この規定は遺贈についても準用されているので、胎児は遺贈を受けることもできます。

補足で説明しておくと、胎児はまだ生まれていないので本来は権利の主体となることはできないのですが、それでは不都合があるので、相続と遺贈については胎児に権利を認めることにしているのです。

胎児と遺産分割

胎児と遺産分割協議については2つ論点があります。

1つ目は、胎児には相続権があるが、親権者が胎児に代わって遺産分割協議を行うことができるか、というものです。

これについては“できない”とされています。

2つ目は、胎児が出生する前に他の相続人が遺産分割をすることができるか、というものです。

これについては学者さんなどの間でも考え方が分かれており、なんともいえないところです。
現実の取り扱いとしては、後に状況を複雑にすることなど避けるため、胎児の出生を待って遺産分割を行うことが多いようです。

胎児と不動産の名義変更

上述の通り、胎児がいる状況での遺産分割は難しいと考えていただいた方が良いですが、胎児を含めた相続分どおりの不動産の名義変更(相続登記)手続きはすることができます。

ただし、胎児が無事出生したときは氏名住所の変更登記を、死産であったときは相続登記の更正登記をする必要があります。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

コメント