自転車の逆走

自転車の逆走

12月になって、世の中が慌しい。

世の中が慌しくなると、少々せっかちな人が増える、かもしれない。

だからと言うわけではないが、最近、僕の周りでもやたら見かけるのが逆走している自転車である。
正確に言えば自転車に乗って逆走している人、だが。

実はこの自転車の逆走、道路交通法違反であることを知らない人が多い。
警察が咎めようとしているのも、未だ見たことがない。
無灯火や2人乗りは違反と認識してる人も多い(その割に違反も多いが)し、警察も咎めるのだが。

が、れっきとした道路交通法違反なのである。

自転車は道路交通法では軽車両となっている。
世の中では『軽車両』のことを軽自動車のことだと思っている人もいるらしいが、まったく違う。軽車両というのは自転車や馬、人力車などのカテゴリーである。

この軽車両、つまり自転車は原付と同じく『車道』の『左側端を走る』のが原則なのである。歩道を走るのも基本的には例外だし、ましてや車道の逆走なんてのは本来、とんでもないことなのである。

僕は仕事・使用ともに自転車がメインの交通手段で、ほとんどの場合きちんと車道の左端、路駐の多いときなどに安全な速度で歩道を走っているが、この逆走はホントに怖い。

車道の左端で前から来られたら、よけるによけられないような場合もある。
が、相手は悪びれている様子がないことがほとんどである。
知っているのに逆走しているのか、知らないから逆走しているのかはわからない。

とても危険な行為のうえ他人に迷惑がかかるし、本人にとってもけっしてよいことではない(もし事故になったりしたら、とても不利になる)ので、なんとかよい方向にいくように解決策を出して欲しいものだが・・・。

タグ

トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

まだトラックバック、コメントがありません。

コメントを投稿する




»
«