お電話でのお問い合わせはこちらからどうぞ

遺言執行者の死亡に備えた対応

遺言者は遺言によって、遺言執行者を指定することがができます。
遺言における遺言執行者の重要性は本編で述べたとおりです。

しかし遺言執行者に指定された人物が必ずしも遺言者よりも長く生存しているとは限りません。もしも相続開始前に遺言執行者として指定されていたものが死亡していた場合どうなるかというと、その遺言執行者の指定についての部分は無効となります。

そして、遺言執行者を選任する必要がある場合には、家庭裁判所に遺言執行者選任の申立てを行わなければなりません。

とはいえ、このような場合に遺言執行者の申立てがすんなりと行われて遺言の執行が滞りなく行われる・・・というのは、いろいろな意味で難しいでしょう。

このような事態に備えて、遺言で条件付での遺言執行者指定の委託をしておくことが行われています。
遺言者は、遺言執行者の指定を第三者に委託することができますが、その規定を利用して、遺言執行者として指定された者の死亡を停止条件として、遺言執行者の指定の委託をしておくことでこのような事態が起きたときに対処できるようにしておくのです。

ただし、遺言執行者の就任は強制できるものではないため、指定された者に拒否される可能性があります。
従って、事前に遺言執行者の就任や指名の受託について、第三者に依頼し、あらかじめ内諾を受けるなど、対応をとっておくべきであるといえます。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

コメント