お電話でのお問い合わせはこちらからどうぞ

相続・遺言とか

相続・遺言とか

非嫡出子の相続分についての違憲決定 #2

さてちょっと前回から間が開いてしまいましたが、非嫡出子の相続分についての違憲決定について、説明の続きをしたいと思います。 前回は確か、何が問題になっているのかと、それに対するこれまでの最高裁や学者の先生の見解についての説明をしました。...
相続・遺言とか

非嫡出子の相続分についての違憲決定

平成23年8月24日、大阪高等裁判所が民法900条4号の規定について違憲とする決定をし、それが確定しました。 『違憲』とか『抗告』とか『決定』とかのわかりにくい問題はとりあえず横に置いておいて、ここでは『何が問題となったのか』について...
相続・遺言とか

相続税改正のその後の動向

以前ここでも取り上げたように、本年度は相続税の改正が予定されていました。 しかしその後のねじれ国会震災など、様々な事情が積み重なり、改正は難しい状況(審議が止まっている)にあるようです。 一応継続審議にはなっているようですので、成立...
相続・遺言とか

相続税の改正

従来、相続税はごく一部の資産家にしか関係ないと言われ、実際のところもそのように推移してきたようです。 しかし平成23年度の税制改正で相続税の大きな改正が行われ、この改正により課税対象者が5割も増加すると言われています。 そこで今回はこの...
相続・遺言とか

遺言に関する最高裁判決

遺言に関する新しい最高裁の判断がでました。 事案の詳細については各種のニュースサイトを見ていただくとして、何が問題になっていたのかについて簡単に説明したいと思います。
相続・遺言とか

相続手続きと戸籍のコンピューター化 その2

前回は、戸籍のコンピューター化についてざっと説明しました。 今回はその続きとして、相続手続きの現場で実際にどのように不便なことが起きているのかを説明していきたいと思います。 さて、相続手続きにおいて戸籍(除籍・改製原戸籍を含む)ほど...
相続・遺言とか

相続手続きと戸籍のコンピューター化

相続手続きにおいて、戸籍ほど重要なものはありません。 その戸籍ですが、順次コンピューター化が進められています。 制度の「うり」は事務処理の効率化によるスピードのアップ・・・だそうです。 ところが「効率化」のはずが、われわれ相続...
相続・遺言とか

兄弟姉妹間の相続トラブル

最近特に多く思われるのが、兄弟姉妹の間での相続トラブルです。 「長男が相続財産を独り占めにしていて少しも渡してくれない」 「弟たちが(親が)自分にと遺してくれた財産を欲しがって困っている」 どちらも同様のことを表と裏から見ただけの...
相続・遺言とか

相続税の申告期限

相続税の申告期限は「相続開始の日の翌日から10ヶ月」となっています。 ただしこの「相続開始の日」というのは、被相続人の死亡日とは必ずしも限りません。 「相続開始の日」とは「その相続の開始があったことを知った日」とされており、被相続人...
業務に関するひとり言

相続手続き無料相談について

いつも当事務所をご利用くださり、ありがとうございます。 さて、おかげさまでご好評いただいております当事務所の相続・遺言手続き無料相談ですが、あらためていくつかご利用くださる皆様にお願いしておきたいことがあります。