お電話でのお問い合わせはこちらからどうぞ

遺言

相続・遺言とか

遺言に関する最高裁判決

遺言に関する新しい最高裁の判断がでました。 事案の詳細については各種のニュースサイトを見ていただくとして、何が問題になっていたのかについて簡単に説明したいと思います。
相続・遺言とか

兄弟姉妹間の相続トラブル

最近特に多く思われるのが、兄弟姉妹の間での相続トラブルです。 「長男が相続財産を独り占めにしていて少しも渡してくれない」 「弟たちが(親が)自分にと遺してくれた財産を欲しがって困っている」 どちらも同様のことを表と裏から見ただけの...
業務に関するひとり言

相続手続き無料相談について

いつも当事務所をご利用くださり、ありがとうございます。 さて、おかげさまでご好評いただいております当事務所の相続・遺言手続き無料相談ですが、あらためていくつかご利用くださる皆様にお願いしておきたいことがあります。
相続・遺言とか

遺言の撤回の撤回

遺言の撤回は遺言の方式によって行います。この場合、撤回する遺言は先の遺言と同じ方式である必要はありません。 公正証書でした遺言を自筆証書で行っても問題はないのです。 さて遺言をした後でも、事情の変化や心情の変化によって遺言の変更を行...
相続・遺言とか

遺言と異なる遺産分割

遺言と異なる内容の遺産分割が行われた場合については民法には規定されていません。 ですからそれが可能かどうか、また効力はどうなのかは判例によることになります。 遺言と異なる内容の遺産分割の効力についての判例は、平成6年の東京地裁の...
相続・遺言とか

遺言執行者の死亡に備えた対応

遺言者は遺言によって、遺言執行者を指定することがができます。 遺言における遺言執行者の重要性は本編で述べたとおりです。 しかし遺言執行者に指定された人物が必ずしも遺言者よりも長く生存しているとは限りません。もしも相続開始前に遺言執行...
相続・遺言とか

退職金は遺産か

会社員や公務員の方には本人死亡時に、死亡退職金が支払われることになります。 この死亡退職金は金額も大きくなることが多く、その性質が相続財産であるか他のものであるのかは重要な問題となります。 特に籍を入れておらず内縁関係にある場合、相...
相続・遺言とか

日本在住の外国籍の方の遺言

現在、日本にはたくさんの外国籍の方が住んでおられます。また、その国籍も様々です。 それではそのような日本在住の外国籍の方が日本で遺言書を作成することはできるのでしょうか。 これについては「できる」が基本的には妥当します。 ただし日...
相続・遺言とか

遺言書と生前贈与など

遺言をした者が遺言を撤回する場合には、通常は遺言の方式に従って遺言の全部または一部を撤回することになります。 そのため、遺言者が遺贈しようとした財産を生前贈与などする場合は、まず遺言の方式によって前の遺言を撤回し、その後で生前贈与など...
相続・遺言とか

証人欠格者が立ち会った公正証書遺言

公正証書遺言の作成には証人2人以上の立会いが必要とされ、 1. 未成年者 2. 推定相続人及び受遺者ならびにこれらの配偶者及び直系血族 3. 公証人の配偶者、四親等内の親族、書記及び使用人 は証人になることはできないとされています。...