お電話でのお問い合わせはこちらからどうぞ

WilsonとHEADのニューモデル

WilsonとHEADからニューモデルが登場する。
HEADはテニスファンならいわずと知れた名器プレステージ。
Wilsonはラインナップのフルモデルチェンジである。

買う買わないに関わらず、いつも楽しみなのがこの時期である。
まあ、「へたくそほど(使いこなせないのに)道具にこだわる」とか「へたくそほど(使いこなせないのに)道具に頼る」とかいろいろ言われるけどね。

やっぱり道具にこだわれるスポーツは楽しい。道具にこだわるのも楽しい。道具にこだわれるスポーツをやっていて良かった、などと思うのである。

まずはHEADのプレステージ。僕はプレステージクラシックのころから(使いこなせないけど)このプレステージが大好きである。
今回YouTekシリーズとなり、前作に比べるとデザインは原点回帰的というか、シンプルなプレステージらしいものになっていると思う。

マイクロジェルシリーズのデザインも嫌いではなかったけど、やっぱりプレステージはシンプルな感じのデザインのほうが強そうに見えていいかな~と思う。

YouTekシリーズは先に出ているスピードやラジカルをまだ打っていないので実際のところどうなのかはわからないが、打球感が向上との売り文句なので感想が出揃ってくるのが楽しみである。

Wilsonのニューモデルだが、何か相変わらずWilsonのデザインセンスは独特だな~というのが最初の感想だった。
あの2色のカラーリングはどうも・・・という感じがしてしまう。
特に錦織モデルのTOUR BLX 95のデザインがなんとも・・・である。
でもWilsonのラケットは始めはそのセンスについていけなくても、だんだんかっこよく見えてきたりするので・・・多分、うん、きっとそうだろう。

それに今回のモデルチェンジはズバリ打球感にこだわったものらしいし、そっちには大いに期待したいし。

でもなぁ、やっぱり見かけは重要だと思う。
某テニスショップの予約状況は、フェデラーモデルと錦織モデルではだいぶ予約本数に差があるみたいだった。
もちろん両モデル自体の人気に違いがあるのだろうけど、まだ割りと“ありかな”と思えるフェデラーモデル(Six One)と、ちょっとこれはないかなと思えてしまうTOUR BLXのデザインの差のように思えなくもないのである。

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村

コメント