自筆証書遺言の作成

自筆証書遺言の作成の前に

自筆証書遺言は遺言者が、その全文・日付及び氏名を自書し、これに押印することによって成立します。遺言をする人が自分で内容と日付と名前を書いて、ハンコを押せば良いという最も簡単かつ手軽な遺言方式です。

ただし簡単とはいえ、自筆証書遺言は民法の規定に従ったものでなければ無効となってしまいます。そのようなことを避けるため、自筆証書遺言の作成方法についてはしっかりと確認することが重要であり、また作成後も内容・方式ともに法の規定に従ったものになっているか、よく確認しなければなりません。

自筆証書遺言の作成方法

事前に準備しておくべきこと

相続人が誰か確認する

自筆証書遺言に限らず、遺言書をつくる前には必ず推定相続人が誰であるのかを調査・確認しておかなければなりません。
推定相続人の調査には戸籍謄本が必要となりますので、戸籍謄本を集める必要があります。

相続財産の調査を行う

自筆証書遺言に限らず、遺言書をつくる前には相続財産について正確に把握しておく必要があります。
登記事項証明書や固定資産税評価証明書のほか、相続財産の把握に必要な書類などを集める必要があります。

上記のことを行ったら自筆証書遺言の方式の要件をしっかりと確認します。
せっかく遺言書をつくっても、方式の不備などで遺言が無効になってしまったら何にもならないからです。

自筆証書遺言の作成

1. 全文を自書(自筆で書く)する

自筆証書遺言は全文を自分で書くことが必要です。ワープロ(最近はパソコンでプリントアウトでしょうか)で作成したものや、代筆・代書してもらったものは自筆証書遺言とは認められません。
当然ですが、ビデオレターのようなものは認められません。

2. 用紙・筆記具などの制限は無い

自筆証書遺言には指定の用紙・筆記具などはありませんので、どのような用紙を使ってもかまいませんし、筆記具もボールペン・万年筆など何を使用してかまいません。縦書き・横書きについての制限もありませんので、どちらでもOKです。
また、遺言書が数枚にわたってもかまいません。

とはいえ遺言書が消えてしまったりしては元も子もありません。やはりそれなりの用紙で、消えにくい筆記具で書く(鉛筆などは問題外)ようにすべきでしょう。

3. 日付を年月日まで正確に記載する

自筆証書遺言は日付を年月日まで正確に自書することが必要です。「○月吉日」のような何日かわからないようなものは無効となりますので注意してください。

4. 氏名を自書し、押印する

自筆証書遺言は氏名を自分で書くことが必要です。氏名については、本名でない芸名や通称でも本人と確認できればかまわない、とされていますが、後の余計な紛争を防ぐために本名を書いておく方が良いでしょう。
押印については、実印でなくても認印や拇印でも良いとされていますが、実印を使うのが無難でしょう。

書いた内容を加除・訂正するには

書き終えた自筆証書遺言の内容を加除・訂正する場合は、民法の指定する方式に従って加除・訂正しなければなりません。
加除・訂正する場合は、その場所を指示し、これを変更した旨を付記してこれに署名し、その変更の場所に印を押さなければならない、とされています。


行政書士かつみ法務事務所の遺言作成無料相談

行政書士かつみ法務事務所の遺言作成無料相談では、遺言でできること・遺言内容から費用のことまですべて遺言専門の行政書士がお話させていただきます

平日お忙しい方も安心の土日祝対応。出張相談もOK

遺言作成無料相談は事前にご連絡いただければ土日祝も対応させていただきます。また、京都市内の広い地域で無料での出張相談も可能です(※)。

また、お急ぎの場合はその旨お伝えいただければ可能な限り速やかに対応させていただきます。平日お忙しい方や、いきなり事務所に行くのはちょっと・・・という方はぜひご利用をご検討ください。

※一部交通費が必要となる地域もございます。詳しくはお問い合わせください。

基本的なことから聞きにくいことまで、何でもご質問ください

遺言作成無料相談は、面談もしくはお電話で行っております。
電話相談も可能ですが、面談相談の方が意思疎通が容易で内容が把握しやすいため、面談でのご相談をおすすめさせていただいております。

下記のような代表的な質問を始め、ちょっと聞きにくいと思われることも何でもお気軽にご質問ください。

無料相談前の悩み
  • 遺言で実際にどんなことができるのか
  • 自分の考えていることは遺言で実現できるのか
  • 遺言をする場合、自分でしなければならないことは何か
  • 費用は全部でどのくらいかかるのか

1時間の無料相談を是非とも有効にご活用いただき、相続・遺言や専門家に対する疑問や不安を解消してください。
また、無料相談についてより詳しく知りたいという方は、こちらをご覧ください。

ご相談のお電話はこちら ご相談のお電話はこちら

運営:行政書士かつみ法務事務所

メールでのお問い合わせはこちらメールでのお問い合わせはこちら

このページの先頭へ