相続人となるのは

相続人の範囲~法定相続人とは~

下の図は本人、つまり亡くなられた方(被相続人)を中心に、親族関係を図にしたものです。
実線で囲んであるのが相続人になる可能性のある(代襲相続含む)人、破線で囲んであるのが相続人になる可能性のない人です。
民法は相続人となるのが誰か定めており(法定相続人)、遺言を利用してもその範囲をひろげることはできません。

遺言で法定相続人以外の人物に『相続させる』という内容の遺言書を遺したとしても、それは「遺贈」であり、「相続」ではありません。

法定相続人の関係を示した図。順位は法定相続人の順位です

現在の相続制度は配偶者に最も配慮しており、後に述べる順位に関係なく、配偶者は相続開始時に存在していれば必ず相続人となります
ここで注意すべきなのは、相続人となるのは本人が亡くなったときに配偶者であった者であり、すでに離婚した前の配偶者については、なんらかの他の相続人となる要件が無い限り、相続人となることはないということです。
内縁などの事実婚状態や、同棲関係にあるだけの場合も基本的に相続人となることはありません。

相続人は法定されている。遺言で範囲を広げることはできない。また配偶者は常に相続人となるが、相続開始時の配偶者に限られる。

相続人の順位

配偶者以外の法定相続人には順位があります。先順位の相続人がいる場合は後順位者は相続人とはなりませんが、先順位者が死亡、相続放棄、相続欠格・相続廃除されていて存在しない場合に相続人となります。

なお、養子・非嫡出子についても、法定相続の順位については特に違いはありません。養子の相続についてくわしくはこちら

第1順位 子

相続人の第1順位は本人の子供です。子供は本人の子供であれば、離婚した配偶者の元にいる場合であっても、婚姻して別戸籍となった場合であっても、相続人となります。届けを出している正式な養子についてももちろん同様です。認知された子供であれば配偶者の子でなくとも(非嫡出子)第1順位の相続人となります。

第2順位 直系尊属

相続人の第2順位は直系尊属です。直系尊属とは本人から見て両親や祖父母にあたる人のことです。直系尊属は第1順位(子・代襲時の孫・ひ孫)の相続人がいないときに相続人となります
直系尊属は存在する最も近い世代のみ相続人となり、代襲相続はありません。つまり父母が存在する場合、祖父母は相続人にはなりません。

第3順位 兄弟姉妹

第3順位の相続人は本人の兄弟姉妹です。第1順位、第2順位の相続人がいない、あるいは全員放棄したときに相続人となります。

後順位者は、何らかの理由で先順位者がいない場合でなければ相続人となることはない。

代襲相続とは

ここまで何回か登場した代襲相続について説明しておきたいと思います。
代襲相続とは、例えば相続人が本人の子(第1順位)であったとき、子供のほうが本人より先に死亡していた場合、子の子(孫)が、子の子も死亡していたときには子の子の子(ひ孫)が相続人となり、第2順位の者は相続人にはならないということです。

第1順位の、つまり本人の実子の代襲相続は、対象者がいる限りいつまでも代襲します
兄弟姉妹は一代に限り代襲相続します。つまり、兄弟姉妹の子までは代襲し、孫は代襲しないということです。上記の図において、本人の孫は実線で囲まれていたのに対し、兄弟姉妹の孫については破線で囲まれていましたよね。直系尊属については先述のとおりです。

本人の直系はいつまでも代襲するが、兄弟姉妹については兄弟姉妹の子しか代襲しない。

行政書士かつみ法務事務所の相続・遺言無料相談

行政書士かつみ法務事務所の相続・遺言無料相談では、相続に必要な手続き・遺言でできることから費用のことまですべて相続専門の行政書士がお話させていただきます

平日お忙しい方も安心の土日祝対応。出張相談もOK

相続・遺言無料相談は事前にご連絡いただければ土日祝も対応させていただきます。また、京都市内の広い地域で無料での出張相談も可能です(※)。

また、お急ぎの場合はその旨お伝えいただければ可能な限り速やかに対応させていただきます。平日お忙しい方や、いきなり事務所に行くのはちょっと・・・という方はぜひご利用をご検討ください。

※一部交通費が必要となる地域もございます。詳しくはお問い合わせください。

基本的なことから聞きにくいことまで、何でもご質問ください

相続・遺言無料相談は、面談もしくはお電話で行っております。
電話相談も可能ですが、面談相談の方が意思疎通が容易で内容が把握しやすいため、面談でのご相談をおすすめさせていただいております。

下記のような代表的な質問を始め、ちょっと聞きにくいと思われることも何でもお気軽にご質問ください。

無料相談前の悩み
  • 相続手続きにはどんなことが必要なのか
  • 自分の考えていることは遺言で実現できるのか
  • 遺言をする場合、自分でしなければならないことは何か
  • 費用は全部でどのくらいかかるのか

1時間の無料相談を是非とも有効にご活用いただき、相続・遺言や専門家に対する疑問や不安を解消してください。
また、無料相談についてより詳しく知りたいという方は、こちらをご覧ください。

ご相談のお電話はこちら ご相談のお電話はこちら

運営:行政書士かつみ法務事務所

メールでのお問い合わせはこちらメールでのお問い合わせはこちら

このページの先頭へ