お電話でのお問い合わせはこちらからどうぞ

エッジガードテープ

この間ラケットのガットを張替えた。

ガットが切れたのは1ヶ月近く前だったが、なかなか張替えにいけなくてその間昔のラケットを出してきて使ったりしていた。

僕はラケットに傷がつくのが嫌なので、学生のころからラケットにはいつもエッジガードテープを貼っている。
エッジガードテープはそうたびたび貼りかえるものではないので、学生のころに買ったダンロップのエッジガードテープは、何年か前までずっと使用していた。

なんだかずいぶんちびちびと使っていたように思われるかもしれないが(否定はしないが)、このダンロップのエッジガードはロールでかなりテープの長さがあったので、一個でかなりの回数使用できたのだ。

しかもこのガードテープはある程度伸縮性があり、接着力も結構強いのに、剥がすときはラケットにほとんど接着剤が残らない、いいガードテープだった。
が、次に買おうと思ったときにはどこにも売っていなかった。
いまでもこれを売っていれば・・・と思うことしきりである。

次に買ったのはバボラのテープだったが、これもなかなかいいものだった。伸縮性に関してはダンロップのものよりも上で、これも接着力の強さの割りに剥がしても接着剤があまり残らず、いい感じで使えていた。
惜しむらくはダンロップのものよりも長さが短く、コストパフォーマンスで負けていたことだ。
これもしばらく前からうちの近所ではどこにも売っていないし、ネットでも見かけたことが無い。

そんなわけで現在使用しているエッジガードテープだが、一応どこのメーカーのものかは伏せておく。たぶん、今出ているエッジガードテープはどこのメーカーの物でも似たようなものだとは思うし。

今のものは3本分しか入っていない割には高く、しかも伸縮性が無い(ただのシールみたいな感じだから当然か)上に接着力が弱く、すぐにラケットとの間に隙間ができてしまう。
ラケットを張替えに出す際に剥がしてみると、隙間があったところがムラになってしまっているし、剥がしたあとにかなり接着剤が残っていてラケットが汚くなってしまっていた。

張替えるまでの間使用していた古いラケットには前のバボラのガードテープが貼られていたが、そのできの違いにちょっと悲しくなってしまった。

エッジガードテープについては、以前のようないいものがでないのなら多分今のものを使い切ったらもう新しいのは買わないと思う。
貼っていてもいなくてもあまり変わらないのなら、たいした意味は無いわけだし。
コスト削減や利益率の良い商品を残すのは結構なのだが、こういったいい商品は残していってほしいと思う。

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村

コメント