お電話でのお問い合わせはこちらからどうぞ

地域情報のホームぺージ、だそうだけど

今年の初めの方からほぼ月一でかかってくる電話。
とりあえず業者名は伏せておくが、最初にかかってきたときのやり取りはこんな感じ。

相手「当社では地域の情報を紹介するホームページをやっておりまして、そちらの事務所様を是非紹介させていただきたいのですが、無断で紹介するわけにはいきませんので今回連絡させていただきました。」

僕「紹介と言うと?」

相手「当社のホームページにそちらのホームページの情報を掲載させていただきます。HPをお持ちでない先生には無料でホームページを作成させていただき、それを掲載させていただきます。」

僕「無料とは気前がいいですが、なぜ無料でできるんですか?」

相手「当社は広告から収入を得ておりますので、無料でできるのです。それになるべくたくさんの情報を掲載した方が利用する方にとって便利ですので。」

ここまで聞くだけなら悪い話ではない。
その地域情報のHPにどれほど人が来るのかは知らないが、HPを掲載してくれるということはうちのHPのリンクを貼ってくれるということ。
外部リンクを得られるのがどれだけ重要かはホームページを持っている人ならみんな知っていることだ。
で、話をさらに進めた。

僕「それじゃあ掲載について検討します。どんな風に掲載されるのですか?」
相手「先生はすでにHPをお持ちですか?」

おいおい、相手がHP持ってるかどうかの確認もしないで電話してきたの?
と、ちょっと微妙な感じに変化。

僕「持っていますが(自分のHPを説明し相手に見てもらう)・・・。それが?」

相手「地域情報のHPに掲載できるのは、当社が無料でおつくりしたホームページだけになるんです。ご自分でつくられたHPや他の業者さんにつくっていただいたHPは掲載できないんです。」

僕「・・・・・・・。」
あの~なんか最初に言ってたことと違うんですが・・・。
まあ実際のとこ、やっぱりねって感じだが、一応突っ込んで聞いてみる。

僕「じゃあそちらに無料でつくってもらえばいいんですね?」

相手「ええそうです。ただ、HPは無料で製作させていただけるんですが、当社独自の特別なシステムを使用したHPですので、毎月システムの維持管理費として5250円がかかります。」

もうこうなると、何が目的だったのか誰にでもわかる。

ようするにここはHPは無料でつくるが、維持管理費の名目で毎月金を取るスタイルの会社なのだ。その毎月の『維持管理費』こそがこの電話の目的なのだ。

最近ではHP製作会社は数え切れないほどある。HP製作は、やろうと思えばある程度の知識・技術と安いパソコンさえあればでき、初期投資額がかなり少なくてすむ。
だからHP製作会社は相変わらずたくさんある。
しかし一方で、お客さんに選んでもらえるHP製作会社は限られてきてる。
うちがそうなように、プロ仕上げレベルを望まないのならテンプレートを利用すればそこそこのHPは誰にでも作れる。逆にプロレベルを求めるような人は、集客実績のあるHP製作会社を選んで依頼する。

そんな状況だからHPの製作は無料でやって、毎月の維持費だけいくらか貰うというやり方のHP製作会社が多くなった。ここもそうだろう。
が、どう考えてもここの営業のやり方はあまりフェアだとは思えない。

とりあえず
僕「そうですか、じゃあうちは必要ないですね。失礼します。」
といって電話を切った。

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

コメント