相続・遺言とかの記事一覧

相続での配偶者は別格?

相続において「配偶者は別格である」と言われます。
これは民法890条において、「配偶者は、常に相続人となる」とされていることによります。

→この記事の続きを読む

タグ

遺言の記載あれこれ 平成二千年?

自筆証書遺言は誰でも手軽に行える遺言形式ですが、無効な遺言とならないためには法に定められた方式を守って作成する必要があります。
全文を自書(自筆で書く)する、氏名を自書し押印する、日付を記載する、などですね。

→この記事の続きを読む

タグ

相続による名義変更 不動産について#2

さて「相続による名義変更」の特徴などについてですが、今回は前回に引き続き、不動産についての2回目です。

→この記事の続きを読む

タグ

相続による名義変更 不動産について

一般的な「相続手続き」のイメージは、ほぼ不動産や預貯金、自動車などの被相続人から相続人への名義変更手続きである、といったところだと思います。

→この記事の続きを読む

タグ

相続は遺言によるものが中心になってきたのか

ここ数年で、相続の中心が遺言によるものに変わってきつつある・・・と、までは言えませんが、最近自筆証書遺言の検認申立ての件数の増加など、そのような雰囲気を感じさせるデータがけっこう出ているようです。

→この記事の続きを読む

タグ

非嫡出子の相続分についての違憲決定 #2

さてちょっと前回から間が開いてしまいましたが、非嫡出子の相続分についての違憲決定について、説明の続きをしたいと思います。

前回は確か、何が問題になっているのかと、それに対するこれまでの最高裁や学者の先生の見解についての説明をしました。
今回は今度の違憲決定について簡単に説明しておこうと思います。

→この記事の続きを読む

タグ

非嫡出子の相続分についての違憲決定

平成23年8月24日、大阪高等裁判所が民法900条4号の規定について違憲とする決定をし、それが確定しました。

『違憲』とか『抗告』とか『決定』とかのわかりにくい問題はとりあえず横に置いておいて、ここでは『何が問題となったのか』について説明したいと思います。

→この記事の続きを読む

タグ

相続税改正のその後の動向

以前ここでも取り上げたように、本年度は相続税の改正が予定されていました。

しかしその後のねじれ国会震災など、様々な事情が積み重なり、改正は難しい状況(審議が止まっている)にあるようです。
一応継続審議にはなっているようですので、成立の見込みがなくなったということではないようです。

→この記事の続きを読む

タグ

相続税の改正

従来、相続税はごく一部の資産家にしか関係ないと言われ、実際のところもそのように推移してきたようです。
しかし平成23年度の税制改正で相続税の大きな改正が行われ、この改正により課税対象者が5割も増加すると言われています。
そこで今回はこの相続税の改正について大まかに説明したいと思います。

→この記事の続きを読む

タグ

遺言に関する最高裁判決

遺言に関する新しい最高裁の判断がでました。

事案の詳細については各種のニュースサイトを見ていただくとして、何が問題になっていたのかについて簡単に説明したいと思います。

→この記事の続きを読む

タグ